トップページ | 2008年6月 »

2007年9月

骨盤矯正の効果UP生活のススメ

日常生活の中には骨盤矯正の効果を上げるためのポイントがいくつもあります。

骨盤矯正にも効果を上げる、ゆがみを戻らせないために普段の生活で気をつけたいことがあるのです。主なポイントをあげてみましょう。

・いつでもどこでもよい姿勢を意識し、心がける。
・テレビやパソコンの位置を考える。
・運動不足にならないようにする。
・ハイヒールはできるだけ避ける。かかとのすり減った靴ははかない。
・何事も左右のバランスを心がける。

まず、日頃から姿勢には注意をしましょう。

Ht045_72a あなたの家には全身が映る鏡がありますか? 鏡に自分の姿をマメに映してチェックするとよいと思います。常に鏡を見て生活するわけにはいきませんが、頻繁にチェックすることで、キレイな姿勢とはどうゆう状態なのかを身体におぼえさせることができます。

また、家具などの配置も意外と重要です。

特にテレビを観る定位置から体をねじる角度に画面があったり、バソコンが机に向かった時に斜めの位置にあると、毎日の積み重ねで骨格のゆがみを助長させることになります。

そして、適度な運動を日頃から心がけることも大切です。

骨盤矯正ベルトなどで骨盤を締めることを思い浮かべてください。本来は骨盤を締める役割をするのが筋肉です。運動不足で筋肉が落ちると骨盤はゆるみやすくなります。

他に、荷物を持つ、横になってくつろぐ、なんでも左右均等になるように心がけ、片側に偏らないようにしましょう。

骨盤矯正のためのストレッチなども同様です。右をやったら左をやる、常に交互に均等に。

ダイエットのリバウンドもしかり、こんなささいな毎日の気遣いで、整体院へ行って骨盤矯正をする、もしくは自宅で骨盤矯正のためのストレッチを始めることも、それぞれの効果をUPする手助けとなりますよ。

| | コメント (0)

骨盤が歪んでいるか自己チェック

「自分の骨盤大丈夫かな?」「歪んでいるかわからない」とう方々へ

骨盤のゆがみはサインになってちゃんと現れるもの、自分でもできる骨盤のゆがみのチェックのためのポイントがありますから、気になるかたはぜひ参考になさってください。

Ht129_72a_2 まず、基本となるのは人の体は左右対称であるということです。

たとえばわかりやすいものとしては、鏡の前で正しい姿勢をとった時に、あなたの左右の肩のラインは水平ですか? どちらかに斜めに下がっていたらこれは骨格がゆがんでいる証拠です。小学校の頃に、方眼状に糸を張った枠の前で脊椎湾曲のテストのようなものをした記憶があるかたも多くいらっしゃるでしょう。見た目にゆがんでいるかを見るチェック方法です。骨盤がゆがむとそれを修正しようとして背骨や首の骨が曲がってしまう結果となるのです。

それから、まっすぐ前を見て、それから首を左右にまわした時、どちらか片方へ向きづらいといったことはありませんか? 

首がまわりにくいとか倒しにくいと感じたら、それはその方向へ首の骨がゆがんでいるということになります。

うつ伏せに寝た時に顔を右に向けると落ち着くけれど、左に向けるとなんとなく違和感がある(もしくはその逆である)、軽く痛みを感じるといったことでもチェックできます。

あ、うつ伏せは骨盤をゆがませる原因となる姿勢ですから、こういったチェックのためではなく、日常いつもうつ伏せで眠るという人は要注意です。

また、どちらか片方の靴のかかとばかりすりへる、といったことも骨盤のゆがみのサインとなります。

骨盤がゆがむと股関節にも影響が出ますから、足の長さに左右のズレが生じるのです。

そんな症状がわかるようなら、あなたの骨盤は歪んでるもしくは傾いているということがいえますよ。

| | コメント (0)

産後の骨盤矯正は、戻すこと

よく出産後太ったという話を聞きませんか?
これは一般に妊娠中に増えた体重が戻らなかったからとか、母乳のためにと思って食べ過ぎてしまったからと思われがちですが、本当にそれが理由でしょうか?

最近の産院では、より健全な出産のために、昔よりも厳しく体重管理をおこないますから、体重を必要以上に増やすことをしません。

また、母体は取り入れた栄養をかなり母乳として消費しますから、そう簡単に太る原因がそこにあるとは思えませんよね。

そこで、

出産時、胎児を送り出すために女性の骨盤は最大に開きます。それがうまく戻らなかったとしたらどうでしょう。

そのために太りやすい体質になっているとは考えられませんか?

骨盤が開いたままであったり、ゆがみから片側しか閉じていなかったり、それらがたやすく脂肪がついてしまう要因だとするなら、食事を制限したり我慢するよりも、まず骨盤のゆがみを矯正することが先決ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年6月 »